株式会社メッズコーポレーション 〒459-8001 名古屋市緑区大高町一番割48-2 TEL. 052-825-3677

メニューを開く

どこよりも人と環境に優しい家づくり

メガメニュー を開く

メガメニュー を閉じる

株式会社メッズコーポレーション 〒459-8001 名古屋市緑区大高町一番割48-2 TEL. 052-825-3677

株式会社メッズコーポレーション Facebook

株式会社メッズコーポレーション Instagram

メッズコーポレーションが提案する、
あたらしい家づくりの教科書とは。

あなたとお子さま、さらに次の世代のためにできることを。 あなたとお子さま、さらに次の世代のためにできることを。

私たちはご家族の豊かな暮らしのために、未来の環境に配慮した家づくりをご提供しています。
なるべく自然素材をつかい、住環境はもちろん、この地球への配慮も考慮した家づくりです。
100年後、200年後のあなたの子孫のためにできることを、今から私たちはご提案しています。

二酸化炭素を吸収して地球温暖化を防ぐ。
「木づくし」の地球にやさしい家づくり。

「木」の家

日本の環境に強く、
たくましく対応する、
「木」の家。

「木」の家

⽇本の気候⾵⼟は、住宅を劣化させやすいといわれています。
例えば、夏の暑さ、湿気、冬の雪、
近年被害が多く出ている台風など。
私たちが家づくりにつかう⽊材は、この日本の日本風土に耐える強さを持っています。

木の特徴を生かして

だからこそ、森の木を定期的に伐採して森の木が次の世代のために育つように環境を整えたり、木の特徴を生かして適材適所に使うことが求められます。

このように木を使い、森の木を育て、守ることは地球温暖化をはじめとした未来の環境を守ることにつながるのです。

木造住宅

木造住宅にこだわる理由。

木造住宅

⽊材のもととなる樹⽊は何⼗年、何百年もかけて成⻑します。
樹⽊はその成⻑過程で、光合成により⼤気中の温室効果ガスである⼆酸化炭素を吸収し、
地球温暖化を防ぐ機能を持っています。

私たちが、⽊造住宅にこだわるのは
「日本の気候に合っている」という理由だけではありません。

地球の環境に貢献する

⽇本の⼀般的な⽊造住宅⼀⼾あたりの⽊材使⽤量を25㎥(杉・檜・⾚松)と仮定すると、⽊造住宅を建てるということは、約 18 トンの温室効果ガスを蓄積し続けることになり、地球の環境に貢献することになるのです。

※⽇本⽊材・住宅技術センターによる⽊造軸組⼯法住宅の⽊材使⽤量24.9㎥。
杉の容積密度314kg/㎥、檜の容積密度407kg/㎥、⾚松の容積密度451kg/㎥を元に、
平均値390kg/㎥を算出。

暮らす環境

暮らす環境を
「木」が守ってくれている。

暮らす環境

木造住宅をつくるということは、
上記に挙げたことだけでなく人の手で森や木を手入れし、適切な環境を整えることにつながります。

そうすると、木々同士の距離が適切となりきちんと日光が差し込み、下草が豊かに栄え、雨水をゆっくりと土の中に浸透させてくれます。この働きが土砂崩れを防いでくれるのです。

自然環境

木造住宅で家を建てるということは、自然環境、自分たちの未来の資源、そして暮らしを守ることにもつながるのです。

いい素材をつかうからこそ、
いい大工・職人で建てる。

地球への配慮も考慮した家づくり

私たちは家族の豊かな暮らしのために、未来の環境に配慮した家づくりをご提供しています。
なるべく自然素材をつかい、住環境はもちろん、この地球への配慮も考慮した家づくりです。
100年後、200年後のあなたの子孫のためにできることを、今から私たちはご提案しています。

Contact

株式会社メッズコーポレーションパンフレット写真とお問い合わせを待つ女性スタッフ写真 株式会社メッズコーポレーションパンフレット写真とお問い合わせを待つ女性スタッフ写真

ボタニカルハウスボタニカルハウス

お電話でのお問い合わせ TEL. 052-825-3677 お電話でのお問い合わせ TEL. 052-825-3677

営業時間:10:00~17:00   
※土・日はメールのみ
ご対応させていただきます。

株式会社メッズコーポレーション
〒459-8001 名古屋市緑区大高町一番割48-2

PAGE TOP