日本列島は地震列島~LIXILのZERO×VALUEスーパーウォールモデルで防災対策!!~

data160115
日本の国土面積は世界の0.25%というわずかな大きさ。しかし、世界で起きるマグニチュード6以上の巨大地震は5回に1回が日本で起きています。いまも私たちの記憶に深く残る、1995年の阪神・淡路大震災。その後も次々と大きな地震が発生しました。さらに2011年3月にはマグニチュード9.0という日本の観測市場最大の東北地方太平洋沖地震が発生し、地震と津波によって想像をはるかに越える被害をもたらしました。
私達はこれら地震災害の恐ろしさ、その教訓を決して忘れてはなりません。そして、自身の大切な家族を災害から守るためにも、日頃から地震に備えて、防災に心がけることが重要です。
家づくりもその一つ。
LIXILのZERO×VALUEスーパーウォールモデルは、(1)設計、(2)検査体制、(3)耐震補償、(4)工法、(5)災害時のエネルギー供給、の5つの力で、万が一の場合でも、大切なご家族や財産を守ることができる、真の安心をお約束します。

sw0508

追記

更新日:2016年1月15日

株式会社LIXIL 発行「あなたは、地震のことをどれだけ知っていますか?」P1 「日本列島は地震列島」参照。