スーパーウォール工法の気密性と外気の関係

スーパーウォール工法は、これまでの住宅の耐震性、断熱性と気密性を著しく高めた上で、汚れた空気を排気して外気を取り込む計画換気システムと冷暖房を採用した快適な住宅システムです。リビングルールや寝室、トイレ、キッチン、浴室の温度差を小さくし、同じ部屋の床付近、天井付近、窓付近の温度ムラもごくわずかにおさえた室内環境を維持できます。

それでは室内環境と外気の関係はというと、スーパーウォール工法の基本的な考え方は、

屋外の快適でない温度、湿度、騒音、ほこり、花粉などの侵入を少なくし、外気をとり入れ、汚れた空気を排出して健康的な空間に維持する

ことを基本にしているため、過ごしやすい快適な気候の時は、スーパーウォールの基本的な機能を借りなくてもよいわけですから、窓を開け放って自然の空気と陽光を思う存分取り入れてください。

data150130

追記

更新日:2015年1月30日

トステム株式会社発行「これからの日本の住まい~快適読本~」P68「第5章:こんなことが聞きたいQ&A 参照。