室内の空気をきれいに保てる!(計画的な換気システム)

室内の空気をきれいに保つ計画的な換気システム

スーパーウォール工法は、気密性を限りなく高めた構造なので、すき間風に邪魔されずに家中をまんべんなく必要な量の換気ができます。室内にいてもほとんど風を感じない程度のゆるやかな空気の流れで、理想的な換気量が安定的に確保されているので、空気が淀みにくく臭いもこもりにくい快適な室内環境が維持されます。
※計画換気システムは、温度・湿度をコントロールするものではありません。

sw0418

スーパーウォール工法は、気密性を限りなく高めた構造なので室内の空気をきれいに保つ

 

部屋と部屋との温度差が低い

冬の住宅は、館内のどこへ行っても暖かく、部屋の上下温度差や部屋ごとの温度差が小さいことが理想です。
秋田市内に建築されたスーパーウォール工法住宅と一般住宅を対象に、部屋ごとの温度変化の差を調査したところ、一般住宅の場合、居室の暖房時と暖房停止時の差は15℃とかなり大きく、居室とトイレの温度差も最大で約15℃も開いています。一方、スーパーウォール工法で建てた住宅は、各部屋ともに21~23℃で推移。1階と2階の温度差、居室とトイレの温度差がほとんどなく、全館が一日中快適な温度に保たれていることがわかります。
また、室内の上下温度差を測定したところ、スーパーウォール工法住宅は、足元と頭あたりの温度差が約3℃以内と小さくほぼ均一なのに対し、一般住宅では、10℃以上の上下温度差が認められました。

sw0418b

 

保温性が高い

冬、暖房で快適な温度の部屋も、就寝時に暖房を停止すると、急速に温度が下がり、起床時にはなかなかふとんから離れられないほど冷え込むものです。
スーパーウォール工法住宅は、室温が急激に低下しない快適な室内空間がつくれます。
一般住宅とスーパーウォール工法住宅で暖房停止後の室温の下降の様子を比較すると、一般住宅では翌朝、室温が8℃まで17℃も低下するのに対して、スーパーウォール工法住宅の翌朝の室温は15℃前後、7℃程度の低下にとどまり、保温性にすぐれていることがわかりました。

sw0418c

追記

更新日:2014年4月15日

トステム株式会社発行「これからの住まい快適読本(スーパーウォール工法(軸組)のすべて)」P44~P49「第3章:スーパーウォール工法とは」参照。