引越しをして、健康が改善!!その理由は?

「転居前と転居後で、健康の状態がどのように変化したか?」という調査を行ったところ、断熱性の高い住宅に住み替えた人の方が、気管支喘息をアトピー性皮膚炎など、健康を害する諸症状が出なくなった割合が多いことがわかりました。

特に気管支喘息やのどの痛み、せき、アトピー性皮膚炎における改善率の高さは注目に値します。

(断熱性の高い住宅とは?)
断熱性が高いと空気バランス、湿度バランスが整えられ、カビやダニの発生を防ぐことができます。カビやダニは健康の大敵!!スーパーウォール工法は、断熱性が高く、健康に優しい家づくりができます。

>data141219a

追記

更新日:2014年12月5日

トステム株式会社発行「健康の家づくりワークブック」P7「第2章:健康と断熱の関係とは?」参照。