スーパーウォールパネルの遮音性

スーパーウォール工法で建てた家の場合、屋外の音の大きさは従来の住宅の半分くらいの感じです。

鳥のさえずりは耳をすますと聞こえます。ただし室内で発生する反響音対策としては、従来の住宅と同様に、オーディオルームやカラオケルーム、楽器の練習室のような特殊な部屋は、床・壁・天井を吸音材や遮音材などで特別に施工することをおすすめします。

厚手のカーテンやカーペットにも吸音効果があります。

スーパーウォール工法で建てた家は、カビやダニが発生しにくい室内環境にすることができるので、カーペットを敷いていても安心です。

※交通等による騒音はスーパーウォールパネルがもつ遮音性能によってある程度抑えられますが、振動は別の対策が必要となります。

data0212

追記

更新日:2015年1月12日

トステム株式会社発行「これからの日本の住まい~快適読本~」P70「第5章:こんなことが聞きたいQ&A 参照。