スーパーウォール工法は断熱性が高い

グラスウールの2倍の断熱性を持つ発泡ポリウレタン

高い断熱性能は図のようなパネルの構造にその秘密があります。OSB(オリエンテッド・ストランド・ボード)と呼ばれる構造用断熱版と中に充てんする非吸収性の断熱材が高耐震・高断熱パネルのベースです。柱の間にこのパネルをはめ込み、気密性を保持する処理を施しながら全体の構造体を組み上げていきます。

発泡ポリウレタンは一般に用いられている断熱材のグラスウールの約2倍の断熱性能をもち、また水分を含みにくいので、結露を起こしにくい壁構造をつくります。

sw0919

追記

更新日:2014年9月19日

トステム株式会社発行「これからの住まい快適読本(スーパーウォール工法(軸組)のすべて)」P42~P43「第3章:スーパーウォール工法とは」参照。